【エックスサーバー】SSHのPHPのバージョンを変更する方法

目次

デフォルトのPHPバージョンを確認

まず現在のPHPバージョンを「php -v」で確認してみます。

php -v

2020年3月現在だとデフォルトだとPHP5.4が使われるようです。

これではLaravelのartisanコマンドが使えないので、以下の紹介する手順でデフォルトの使用バージョンを変更することができます。

デフォルトを変更しないでも、「 /usr/bin/php7.3 artisan migrate」のように特定のPHPバージョンのパスを指定すれば実行可能ですが、毎回指定するのは結構手間です。

使いたいPHPバージョンの存在確認&パスを調べる

今回はPHP7系にしたいので、エックスサーバーで使用可能なPHPバージョンを探します。

エックスサーバーの「コマンドパス一覧」にも載っています。ページにはPHP7.3.Xまでの表記しかありませんが、「 whereis php 」で見てみるとphp7.4まで使えるようです。

whereis php

エックスサーバーのデフォルトPHPバージョンの変更手順

ここからが本題のPHPバージョンのデフォルトを変更する手順です。

①ホームディレクトリに「bin」フォルダを作成

mkdir $HOME/bin

②シンボリックリンクを作成する

今回はPHP7.3を指定しました。

ln -s /usr/bin/php7.3 $HOME/bin/php

③.bashrcにパスを通す記述を追記

ファイルを開くコマンドを実行

vi ~/.bashrc

最終行に以下を追加して保存

export PATH=$HOME/bin:$PATH

④変更内容を反映させる

source ~/.bashrc

⑤反映されているかを確認

設定した内容がしっかりと反映されているか「 php -v 」で確認し、反映されていればPHPバージョンの変更は完了です。

php -v
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる